2012年05月15日

scalemodel

scalemodel.1.jpg

scalemodel.2.jpg

scalemodel.3.jpg

久方ぶりにスケールモデルでの検討をしてみました。

普段は模型はまったく作りませんが、今回はいただいている希望依頼内容が自分の思う設計思想の中で実現できるのか、図面上では判断できなかったために模型作成しました。

直線だけでなく、傾斜や曲線のある3次立体の世界を平面(図面)と頭の中だけで処理しようと試みましたがまったく進まず・・・しかし模型を作ってから見えてくる情報量の多さに、やはり手を動かしながら考えることの重要性を改めて認識しました。

さてさて、やっと引き算ができる状態になりましたが、どこまで攻めますかね?
楽しみです。

posted by sitemaster at 12:13| 制作工程

2012年05月14日

tray

tray.1.jpg

tray.2.jpg

tray.3.jpg

昨年末より少しづつ形作りを進めていた、ヨシタ手工業デザイン室のヨシタさんデザインのトレーです。製作を担当させていただきました。

素材は楢で写真にはありませんが3種類のサイズがあります。

ものを作る事は実際に作ることだけでなく色々な側面があり、その全ての場面で選択を繰り返して初めて販売できる事を改めて考えました。また、私はさまざまな機械を使って木製品を作りますが、手でしかできないことを大切にしています。それは求める結果、そして手でアプローチすることによってプロセスを含めて、たち現れてくることが多いように感じるからです。そういった点をヨシタさんと一緒に考え、尊重していただいて形になりました。
私自身はこのトレーにヨシタさんの人柄や誠実さだけでなく、普段はなかなか取り組めない曲線の中にヨシタさんの以前のお仕事(ex sori yanagi industrial design)で見られたDNAみたいなものを感じてしまいます。面白いですね。

現在、販売はYUZURIHAさんで取り扱っていただいてます。

このプロジェクトはブランディングも含めてアイテム数も増やしていこうかと話し合っている状態です。近いうちにまた報告でるように進めて行きたいと思ってます。


posted by sitemaster at 13:24| 雑記

2012年05月11日

shadow box style

nagahiro.1.jpg

nagahiro.3.jpg

nagahiro.2.jpg


先日、写真家のながひろさんの額を作らさせていただいたのですが、その額を使った展示の風景です。
大阪のitohen galleryさんで2月に行われ、画像も提供いただきました。ありがとうございます。

ながひろさんの意向、それにながひろさんの御友人でNYC在住のキュレーター経験のある方の意見をふまえて日本の栓の木で製作しました。
NYCでいうところのshadow box styleでの製作はタイトさも含めてとても面白く、見え方や光、影など普段意識している感覚とは、また違った感覚でした。人と一緒にものを作るのは楽しいですね。
posted by sitemaster at 11:55| オーダー家具

2012年05月09日

D.T

yoshizawa.d.table.1.jpg

yoshizawa.d.table.2.jpg

yoshizawa.d.table.3.jpg

こちらは山桜のダイニングテーブルです。
クライアントとの話し合いの中で出た「桜の季節に桜のダイニングテーブルを」との事で作らさせていただきました。

最初はもちろん板目での製作になると思っていたのですが、お客様の意向で柾目での製作になりました。

しかし材料探しが予想以上に難航・・・最終的に大阪の材木屋さんにありましたが、納期ぎりぎりでした。


でも、全て終わってみると結局のところ縁があってのことなんだと思います。
オーダーを頂いたのも、材料の選定も、どのように作るのかも。

そしてお届けしたときに、お客様が笑顔でテーブルをなでているのを見て製作者としてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

posted by sitemaster at 21:22| オーダー家具

SHOWCASE

ueda-arts.showcase.1.jpg

随分と間隔があいてしまいましたが、仕事してます。PC変更に伴い操作が一からでブログ操作まで手が回りませんでした。色々進行してましたが手が空いたときに一つずつ紹介していければと思います。

まずは山桜でショウケースを作らせていただきました。
古い友人の古美術上田様の依頼で、とても自由にやらさせていただきました。
商品を飾るためのガラスケースですが、扱う商品が非常に多岐にわたり、また、美術価値の高いものが多いのでそれに答えられるようにと全体のバランス、木目、細工と気を配りました。

全体は山桜を使用してますが、底板に同じバラ科の朱里桜をあしらいました。経年の変化で微妙な色合いの差が出てくることを狙っています。

追加で製作したものもありますので、また改めて画像を載せたいと思います。
posted by sitemaster at 20:25| オーダー家具

2012年02月09日

percuss



パーカス続きで。
posted by sitemaster at 11:03| 雑記

2012年02月03日

charles hayward



この前、ロスコを見る機会があり、なんだかチャールズ・ヘイワードの事を考えました。

20歳位のころ、兄貴分からいろんな本からのコピーでまとめられた冊子(今で言うとこのカットアンドペーストのジン)をもらったことがあって、その中に確か中沢新一さんが書いた文章でパーカスすることについて書いた文章があって、そのイメージとヘイワードのハイハットがすごくぴったりだったなーって思った事を思い出しました。
posted by sitemaster at 14:06| 雑記

2012年01月31日

Emiko Nagahiro

先日知り合いの写真家のEmiko Nagahiroさんの写真のフレームを製作させていただきました。

SHADOW BOX STYLEでの製作で、大変でしたがとても楽しかったです。
素材は栓の柾目だけを使い、写真との相乗効果がどのように伝わるのか非常に興味深いです。

2/8より大阪のギャラリーでの展示に出展するとのことで、お近くに行かれる際は是非覗いてみてください。




posted by sitemaster at 19:53| 雑記

craft

久しぶりの更新で恐縮です。

毎度ぎりぎりの告知ですが、明日より開催される

一般財団法人クラフト・センター・ジャパンが主催するCCJクラフト見本市2012に私が製作を担当させていただいたお盆が出展されます。

出展されるのはデザイナーのヨシタさんで、昨年お会いしてから数回の打ち合わせの後、年始にお盆を大、中、小の3種類で全て楢材で製作させていただきました。

普段は自分で全てを行っているので他の人がデザインしたものを作るのは非常に新鮮でいろいろな発見がありました。自分ではなかなか取り組まない加工などもあり、徐々にできつつある手癖のようなものにもとらわれない製作になり、客観性をどのように持つのかを考えるよい機会になりました。
製作の機会を与えてくださったヨシタさん、ありがとうございました。

今回、ヨシタさんの方では
・せんぬき2種類(ステンレス)
・なべ敷き(ステンレス)
・「くーわん」磁器製の椀(大中小)
・「ふーわん」木製拭きうるしの汁椀(大中小)<サンプル展示>
・木製トレイ(大中小)
を出展されます。とても誠実な人柄がデザインにも表れており、たくさんの方に伝わってほしいと思っています。

よろしくお願いいたします。


CCJクラフト見本市2012

開催日時 
2012年2月1日(水)-2月3日(金)(入場無料)
10:00-20:00(最終日は、17:00)

アクセス
自由学園 明日館(池袋駅から徒歩7分)
東京都豊島区西池袋2-31-3
(地図はこちらをご参照ください)
posted by sitemaster at 19:26| 雑記

2012年01月21日

遅くなりました。

大変遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

えー、ここまでブログをアップできてなかったのは、昨年の展示会終了後しばらくしてマックが壊れたからでした。映画のマトリックスのようになって立ち上がらなくなりました。長年使用していて、何もかも時代遅れになりつつありましたがなんだかんだ言って愛着ありました。感謝です。

でも不思議なもので、壊れるちょっと前に妻の友人より「買い替えでウィンドウズマシンがあるから使わない?」という有難い申し出があり、その時は事務用にと思って頂いていたのですが、それが今このように使用するとは思いませんでした。縁があったのだと思いますが、初めてのウィンドウズ、勝手も使用方法もイマイチわかりません。セットアップもようやくインターネットが繋がっただけなのでまだしばらくはブログのアップロードも滞ると思います。少しずつやりますので気長にお待ちいただければ幸いです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by sitemaster at 01:49| 雑記