2013年06月07日

カフェテーブル

cafetable1.jpg

cafetable2.jpg

cafetable3.jpg

最近問い合わせを多く頂いてるカフェテーブルです。
写真のものは樹種がブラックウォルナットでサイズは450mm×600mm×T30mm、テーブルトップの高さで700mmになります。
天板は無垢の板を雇い実でハギ合せています。(下写真は加工中のヤトイサネハギ。ちなみにこのテーブルではありません。)
仕上げはメンテナンス性を考慮してクリアウレタン塗装を選択しています。

(参考価格¥36,000-)

table4.jpg

樹種、サイズ、アルミ脚(シルバークロムorブラック)がオーダー可能です。
仕上げはメンテナンス性を考慮すればウレタン塗装をお勧めしますが、ウレタン塗装も絶対ではありません。耐水性は高いですが、傷もつきますし劣化もします。
個人的にはせっかくの無垢の木なので、業務使いでもオイルフィニッシュもアリではないかと思ってます。木そのものの触感を感じれますし、定期的にオイルを塗ること&削り直す事で腹を括ってしまえば、傷やシミもエイジングになって愛着がわいてくると思います。
オイルもウレタンもどちらも一長一短ですので目的によってお選びいただくのが一番良いと思います。

また、リペア(修理)として削り直しを承ることも可能です。ご依頼いただければ(傷の深さにもよりますが)新品時の輝きを取り戻すことも可能だと思います。

問合せ先 info@pnoom.jp

posted by sitemaster at 00:35| オーダー家具

2013年05月15日

厨子

yzushi1.jpg

yzushi2.jpg

先日厨子を納めさせていただきました。

昨年末より複数の方から、数件厨子の製作をさせていただきましたが普段の家具を作るのとは違った緊張感があり、自分の仕事への取り組みを再認識させてくれます。

今回、光雲の観音像を納める為の厨子ということでご依頼いただきました。
観音像自体は拝見させていただくと、おそらくは桜材と思われ、コントラストを考えて主材に水楢を提案させていただきました。
また、水楢の柾目面には虎斑といわれる年輪の中心から放射状に入る組織があります。これを扉、背板に現れるように配置すること、まとまりを考えて四方の板組みの木目は追柾材を使用することで全体を考えました。四方の組み手は天秤指し継ぎで、機能と意匠でバランスが取れるようにアレンジしています。脚部については箱部が浮き上がって見えるようなデザインで製作させていただきました。

自分の仕事や考えを言葉で表そうとするとどうしても硬くなってしまいますが、上記のような話を聞いて、なおかつ自分の仕事のやり方を尊重していただいたクライアントに感謝です。


posted by sitemaster at 23:09| オーダー家具

2012年10月21日

musicstand & stool

nakaharasama1jpg.jpg

nakaharasama2.jpg

nakaharasama3.jpg

nakaharasama4.jpg

playnakaharasama.jpg

随分お待たせしてしまいましたが、先日納品させていただきました。
N様ありがとうございました。
posted by sitemaster at 11:12| オーダー家具

2012年09月29日

spoonful

spoonful1.jpg

spoonful3.jpg

spoonful4.jpg


これまた随分前の仕事ですが・・・

小金井にあるSPOONFULのテーブル、スツール、作りつけベンチ(座板下収納)、ウッドデッキ製作させていただきました。

テーブル、ベンチはブラックウォルナット、スツールはアメリカンブラックチェリー、ウッドデッキはセランカンバツを使用しています。

spoonful2.jpg

ちなみにお昼に頂いたベジカレー。ウマいっすよ!

SPOONFUL
東京都小金井市前原町5-8-3 丸太ストアー内
TEL 080-3386-0635
posted by sitemaster at 23:58| オーダー家具

2012年06月15日

印矩

__.JPG

先日、印矩のオーダーをいただきました。
印矩とは書道などで印を押すための定規なのですが、私は書に関してはさっぱりで、いろいろ調べて使う人の感覚を想像して作りました。
木工をする上で似たような定規にスコヤがあります。その定規の精度ひとつで全体の結果を左右する場合もあるし、道具ひとつで創作に臨む気持ちも大きく変わったりします。
大事なものです。目的は違いますがそんなつもりで作りました。満足していただけたらいいなと思ってます。

素材   黒檀
サイズ  小120×60mm 大180×90mm
posted by sitemaster at 22:04| オーダー家具

2012年05月11日

shadow box style

nagahiro.1.jpg

nagahiro.3.jpg

nagahiro.2.jpg


先日、写真家のながひろさんの額を作らさせていただいたのですが、その額を使った展示の風景です。
大阪のitohen galleryさんで2月に行われ、画像も提供いただきました。ありがとうございます。

ながひろさんの意向、それにながひろさんの御友人でNYC在住のキュレーター経験のある方の意見をふまえて日本の栓の木で製作しました。
NYCでいうところのshadow box styleでの製作はタイトさも含めてとても面白く、見え方や光、影など普段意識している感覚とは、また違った感覚でした。人と一緒にものを作るのは楽しいですね。
posted by sitemaster at 11:55| オーダー家具

2012年05月09日

D.T

yoshizawa.d.table.1.jpg

yoshizawa.d.table.2.jpg

yoshizawa.d.table.3.jpg

こちらは山桜のダイニングテーブルです。
クライアントとの話し合いの中で出た「桜の季節に桜のダイニングテーブルを」との事で作らさせていただきました。

最初はもちろん板目での製作になると思っていたのですが、お客様の意向で柾目での製作になりました。

しかし材料探しが予想以上に難航・・・最終的に大阪の材木屋さんにありましたが、納期ぎりぎりでした。


でも、全て終わってみると結局のところ縁があってのことなんだと思います。
オーダーを頂いたのも、材料の選定も、どのように作るのかも。

そしてお届けしたときに、お客様が笑顔でテーブルをなでているのを見て製作者としてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

posted by sitemaster at 21:22| オーダー家具

SHOWCASE

ueda-arts.showcase.1.jpg

随分と間隔があいてしまいましたが、仕事してます。PC変更に伴い操作が一からでブログ操作まで手が回りませんでした。色々進行してましたが手が空いたときに一つずつ紹介していければと思います。

まずは山桜でショウケースを作らせていただきました。
古い友人の古美術上田様の依頼で、とても自由にやらさせていただきました。
商品を飾るためのガラスケースですが、扱う商品が非常に多岐にわたり、また、美術価値の高いものが多いのでそれに答えられるようにと全体のバランス、木目、細工と気を配りました。

全体は山桜を使用してますが、底板に同じバラ科の朱里桜をあしらいました。経年の変化で微妙な色合いの差が出てくることを狙っています。

追加で製作したものもありますので、また改めて画像を載せたいと思います。
posted by sitemaster at 20:25| オーダー家具

2011年01月29日

tvboard

m.tvboard.1.jpg

m.tvboard.1.jpg

m.tvboard.2.jpg

m.tvboard.3.jpg

m.tvboard.4.jpg

m.tvboard.5.jpg

先日納品したTV台です。
シンプルな箱ですが、シンプル故に細部にこだわりました。

mtvboard.3.jpg

仕口はピッチは荒いですが留め型隠し蟻組み継ぎを採用しています。
木目のつながりを配慮しての仕口です。

サイズ  W 1500 × D 435× H 400

樹種   ミズナラ(道産材)

金物   スガツネ キャスター

仕様   箱部×3

価格   189,000円(180,000円+消費税9,000円)
posted by sitemaster at 12:13| オーダー家具

2011年01月06日

{sample} picture frame

picture frame1.jpg

picture frame2.jpg

picture frame3.jpg

サンプルで作った額です。とりあえず形にしましたがここからどうなるかな?
posted by sitemaster at 00:03| オーダー家具

2010年11月30日

speaker stand

 shio speaker stand.JPG

友人に頼まれて作ったスピーカースタンドです。

今まであまり考えてこなかった、木の音の伝導率を考慮して設計しました。(具体的には繊維方向、設置面積、音の伝導経路等です。)

resonance
面白いなーと思って頑張りましたが、試聴の結果、スピーカースタンドは友人のスピーカー&セッティングでは音にほぼ影響なし。とのこと。
まぁ、目的としてはスピーカースタンド自体が不必要に鳴らないように考えていたので良かったのか?地味すぎて良く分からないトコがさみしい。

サンキュー塩やん
posted by sitemaster at 09:29| オーダー家具